読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球!中日ドラゴンズのイケメン選手6選

 

どうも!ダイキです!

 

www.da0424.net

www.da0424.net

www.da0424.net

 

 

僕は野球が好きで年に何回かは実際に野球場に行って観戦もしています!

 

最近野球の人気がなくなってきていると言われているのが非常に悲しいです。

 

たくさんの方に野球に興味を持ってもらいたいです!

 

イケメンアスリートや美女アスリートなどは話題になりやすく、注目を集めるにはうってつけです!

 

なので今回は中日ドラゴンズのイケメン選手を紹介していきます!

 

みんなかっこいいです!

 

 

f:id:da0424:20170130113036p:plain

 

 

中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ、英語: Chunichi Dragons)は、日本プロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。

愛知県保護地域とし、同県名古屋市東区にあるナゴヤドーム専用球場(本拠地)としている。また、二軍ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市中川区にあるナゴヤ球場である。

 (wikipediaより)

  

浅尾拓也選手

中日ドラゴンズのイケメンといえばやはり浅尾選手!

女性ファンが圧倒的に多く、「浅尾きゅん」と呼ばれている。

その甘いルックスからは想像もできない150キロの剛速球を投げる。

2011年には中継ぎ投手としてはじめて最優秀選手にも選ばれ顔も実力も備え持つ。

最近は怪我が多く、本来のピッチングができていないが、ファンが復活を願っている選手の1人。

 


 

 

岡田俊哉選手

長身細身のイケメン。今回紹介する選手の中で1番若い。

その細い身体からは想像できない切れのいい球を投げる左腕。

50試合以上投げることができるパワフルさも売り。

甲子園常連の名門・智弁和歌山高校出身の25歳。

2017年日本代表にも選出されており、今後更なる進化が期待されている。


 

堂上直倫選手

地元名古屋出身のイケメンスター。

ドラフトで3球団競合の末、地元中日に入団するも、しばらく伸び悩んでいた逸材。

2016年、課題であった打撃が開花し遊撃手のレギュラーを奪取。

鉄壁の守備と勝負強いバッティングでチームを引っ張る。

 

祖父江大輔選手

甘いルックスのイケメンが多い中日の中で数少ないワイルド系イケメン。

マウンド上ではにらみつけるような気迫のこもった表情で相手を威圧する。

これまで中継ぎとして安定した成績を残しており、2017年も中継ぎの中心として大車輪の活躍が期待される。

 

 

 

伊藤準規選手

イケメン右腕。

長年期待されながらもなかなか芽が出ない未完の大器。

他球団へのトレードがほぼ決まっていたそうだが、監督直々の提案で却下された。監督の期待の表れであろう。逆に言えば2017年がラストチャンスとも捉えることができる。

2017年シーズンこそはその才能を開花させて勝ち星を重ねてほしい。

 

 

 

遠藤一星選手

長身の正統派イケメン。

私服もおしゃれなことで有名。

2016年は開幕スタメンを掴むものの守備で精彩を欠き、その影響で得意の打撃も低迷。堂上選手にレギュラーを奪われてしまう。

2017年は守備を磨き、持ち味のバッティングセンスを発揮してほしい。

 

 

いかがでしょうか!

 

中日ドラゴンズはイケメンがたくさんいますよ!

 

 

~中日ドラゴンズ創立80周年記念~ 強竜列伝 栄光の軌跡編 [DVD]

~中日ドラゴンズ創立80周年記念~ 強竜列伝 栄光の軌跡編 [DVD]

 
中日ドラゴンズ80年史

中日ドラゴンズ80年史

 

 

今回紹介できなかったイケメンもまだたくさんいるので追々紹介したいと思います! 

 

普段野球に興味がない女性もイケメンを探すという視点で野球を見たらおもしろいかもしれません!

 

野球選手は爽やかなイケメンが多いですよ!

 

見ているうちに野球自体に興味をもって、ルールなども覚えることができると思います!

 

野球に少し興味はあるけれどルールが多くて難しいし、なにしているかよくわからないという方でも

 

いきなりルールや仕組みを覚えようとするのではなく、まずは形から入ってみてはいかがですか!

  

ぜひ野球に興味をもってください!野球はおもしろいですよ!

 

 野球関連のこちらの記事もどうぞ!

 

www.da0424.net

www.da0424.net

www.da0424.net

 

da0424.hatenablog.jp

 

www.da0424.net

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございます!