読み方がわからない?和歌山県南紀白浜温泉・牟婁の湯に行きました

 

こんにちは!最近漢検の勉強してます!ダイキです!

 

南紀白浜温泉の1つ牟婁(むろ)の湯にいきました!

 

牟婁の湯に行った際の注意点などを述べていきます!

 f:id:da0424:20170109100854j:image

白浜の中心地にあり、アドベンチャーワールド白良浜、三段壁など主要な観光地のついでにも訪れやすいです!

 

○概要

旅館やホテルが立ち並ぶ湯崎温泉街に位置し、崎の湯と並んで白浜温泉の代表的な外湯です。
砿湯(まぶゆ)と行幸湯(みゆきゆ)の2種類の源泉からお湯をひいており、一度に2種類のお湯を楽しむことができます。
かつて、「日本書紀」や「万葉集」にも登場し、斉明、天智、持統、文武天皇をはじめ多くの宮人たちが来泉された1350年余りの歴史を持つ由緒ある源泉を楽しめます。(ホームページより)

牟婁の湯 | 白浜観光協会公式サイト | 南紀白浜観光ガイド | 海と温泉のリゾート

 

温泉としては珍しく2つの源泉が楽しめます。

歴史があり由緒ある温泉なんですね! 

 

 

○駐車場

まず駐車場がかなり狭いです!

マックスでも7台ぐらいしか停めるスペースがないです。

平日朝8時ごろの時点でほぼ満車でした。

f:id:da0424:20170108225933j:image

f:id:da0424:20170108225957j:image

 

しかし、 近くに約100台停めることができる大型駐車場があるので安心です。

 

しかも1時間まで無料!

これは嬉しいですね〜

 

観光地に行って毎回駐車料金取られるのって本当にもったいないですよね。

 

温泉に入るだけだったら1時間以内で収まると思うので駐車料金はかからないはずです。

 

 

 

○アメニティ類が皆無

けっこう注意が必要なことがあります。

シャンプーリンスボディソープがない!

 

温泉につかりたいだけだったら全然問題はないんですが、身体を洗いたかったら自分で持ち込む必要があります。

 

 

パックスオリーミニセット シャンプー30ml + リンス30ml + ボディーソープ30ml

パックスオリーミニセット シャンプー30ml + リンス30ml + ボディーソープ30ml

 

 

 

女性にとってかなり重要な注意点がもう1つあります。

 

先ほどシャンプーリンスボディソープがないと言いましたが、

なんとドライヤーもありません。

 

 

テスコム ヘアードライヤー ブラック TD121-K

テスコム ヘアードライヤー ブラック TD121-K

 
テスコム ヘアドライヤー ione マイナスイオン シャイニーピンク TID910-P

テスコム ヘアドライヤー ione マイナスイオン シャイニーピンク TID910-P

 

 

ドライヤーを持ち運びのはかなり面倒だと思うので、女性やドライヤーが必要な男性ははじめから髪の毛を洗わないと割り切って行った方がいいかもしれません。

 

どこかの温泉で髪の毛身体を洗った後、湯めぐりで訪れ、浸かるだけにしておいた方がシャンプーやドライヤーをわざわざ持ち込む必要がないので、かなり気が楽になります。

 

 

○アウェー感

時間的な問題かもしれませんが、僕が訪れた朝8時ごろはお客さんがほとんど地元の方でした。

みなさん知り合いのようで、人が入ってくるたびあいさつをしていました。

 

なので少しアウェー感を味わいました。

地元の方と仲良くなって地元の人しか知らない情報などを手に入れるにはちょうどいいかもしれませんね!

しかし、これも朝だけだと思います。他の時間に行ったら観光客の方ばっかりなはずです。

 

 

 

○風呂の大きさ

肝心のお風呂は小さめの浴槽が2つありました。

 

10人ぐらい入ったら窮屈に感じるかもしれません。

なのであまり大人数では行かない方がいいかも。

 

また、露天風呂はなく目の前が絶景というわけでもありません。目の前は思いっきり崖の斜面でした。

 

 

 

 

 

○いかがでしょうか!

ここはあくまでも昔からある地元のお風呂屋さんといった雰囲気なので派手さを求める方にはおすすめしません。

 

オーシャンビューや綺麗な施設を求める方は別のところを探した方がいいです。

 

歴史や風情を楽しみたい方にはとてもおすすめです!

 

和歌山県南紀白浜に行かれる方はこちらもどうぞ!

パンダで有名な和歌山県南紀白浜のアドベンチャーワールドに行って気になったこと - ダイキ日記

隠れた夕日スポット!和歌山県白浜の円月島!駐車場は?アクセスは? - ダイキ日記

 

最後までお読みいただきありがとうございます!